コマカ無人島~KOMAKA ISLAND~

沖縄県南部、知念半島(ちねんはんとう)の沖合3kmほどの場所にある、周囲800mほどの小さな無人島がコマカ無人島です。手つかずの自然にはぐくまれた、透明度の高い海は、沖縄随一の美しさです。そんなコマカ無人島の魅力と、アクセス方法などをご紹介致します。


コマカ無人島ってどんなところ?

美しい白い砂浜に囲まれた周囲800メートルの無人島になります。

マリンスポーツはもちろんのこと、波打ちぎわでもカラフルな熱帯魚がたくさん泳いでいるので、小さなお子さんでも魚と遊んで楽しむことができます。
海水浴、ダイビング、シュノーケリング、ビーチパーティなど様々なご用途でお楽しみいただけます。

島の中央から小高い丘にかけてアダンやゆうななどの繁った道があるので、サバイバルに無人島探険するのもいいかもしれません。  五月下旬から秋にかけては、渡り鳥のアジサシ (海鳥)がやってきて産卵し子育てするほほえましい姿も見られます。



~コマカ無人島の魅力をご紹介~

①海の透明度

沖縄随一の透明度を誇る海は、沖縄県民でも息をのむ美しさ! 是非一度エメラルドグリーンとブルーの多色彩の海に遊びにお越しください

②手つかずの自然

コマカ無人島では、「美しい海・自然の最高の一瞬を。」をテーマにしており過度な観光地化はしておりません。トイレとショップのみ、沖縄の自然を満喫してください

③船で15分

無人島と言っても、知念海洋レジャーセンター港から、ボートでで15分の近距離です。1時間に2便の往復船で利用しやすく、時間のない方も安心してご利用頂けます。