ウカビ島~UKABI ISLAND~

沖縄県南部、知念海洋レジャーセンター港の沖合800mほどの場所にある、周囲800mほどの小さな砂山がウカビ無人島です。

その名の通り、天然の白い砂とサンゴのかけらでできた島なので360度見回すことができるためコマカ島とは違った魅力があります。そんなウカビ無人島の魅力と、アクセス方法などをご紹介致します。


ウカビ島ってどんなところ?

ウカビ島は沖合左右のリーフ(浅瀬)の波や潮の流れなどにより世紀の奇跡からできた無人島で「白い砂」と「サンゴのかけら」でできています。

何といっても港から800mの位置にありボートで約5分と船酔いしやすい方や遊ぶ時間があまりないという方に最適です。

ウカビ島は遠浅でコマカ島に比べて浅く遊泳区域内は最大でも3mほどで小さなお子様や泳がない方々にも喜ばれる程です。

カラフルな熱帯魚が観察できますのでマスクやゴーグルをつけて水中世界を覗いてみてはいかがでしょうか?

無人島定番のアクティビティ「バナナボート」「マーブル」など乗り物も充実しています。BBQも予約制ではありますが、楽しむことができるのでご家族やグループ、会社の仲間で海の真ん中でビーチパーティをお楽しみください。

 

 



~ウカビ島の魅力をご紹介~

①船で5分

ウカビ島

港を出てあっという間に到着。

すぐに沖縄南国の楽園に。

沖縄県民でも知らない方が多い、地図にも載っていない島です。

是非、遊びに来てみてください。

②自然の奇跡

ウカビ島

ウカビ島の左右に広がるリーフにより自然に砂が集まり「ウカビ島」ができたとされる。まさに自然の奇跡です!

沖縄の自然を満喫してください

③リーフ観察&貝拾い

ウカビ島

ウカビ島の周囲のリーフに引き潮時の潮だまりにカラフルな熱帯魚や生物が見れます。天然のビーチではたくさんの貝殻やシーグラス(綺麗なガラス)が拾えます。